▼特技・計略などのステータスバフ豆知識
城娘の特技・計略には自身の能力を上昇させるタイプと、範囲内の味方の能力を上昇する二つのタイプがある
後者の城娘の範囲に前者の城娘がいたらどうなるか?
割合上昇系のバフは最も上昇率の高いもの1つだけが適用されるので重複しないが、固定値なら重複する
割合バフとは○○%上昇や○倍(1,5倍)などのことを指す
固定値は50や30など数字のみのことを言う

割合や固定値が難しい殿向けに一つ例を出す
Fotor_153900144102928
例として、大宝寺城[改壱]は最大化時に特技:自身の攻撃が27%上昇する
これに多賀城の範囲内の味方の攻撃を17%上昇するの近くに配置したらどうなるか
答えは割合バフは最も上昇率の高いもの1つだけが適用されるので自身の攻撃が27%上昇が適用される
これが攻撃以外のバフなら大宝寺城は持っていないため、どれでも反映する

次に固定値バフ、彦根城は全城娘の攻撃を80上昇させる、そこに大宝寺城がいたらどうなるか
こちらは単純、固定値は重複されるため大宝寺城も攻撃が80上昇する
Fotor_153904735635797
それぞれこのようになる


固定値が上がる城娘を他に上げるなら歌舞が一番わかりやすい
歌舞は一回巨大化する事に特技が発動する
例として鶴ヶ岡城は一回の巨大化で攻撃が25上昇する、それを四回繰り返すことで最大で攻撃が100上昇する
先ほどの大宝寺城にバフをかけたなら、彦根城の80と鶴ヶ岡城の100が攻撃に反映されるということになる

とまあ、固定バフは特に考えなくてもいいが、割合バフが少し面倒かもしれない
しかし、城娘の編成を考える時にこの割合バフなら上手く噛み合うかなど考えて見るのも楽しみの一つになる

▼おまけ 割合下降系の豆知識
城娘の中には特技や計略にデメリットがある子もいる
例えば、シノン城の計略は30秒間範囲内の城娘の攻撃を25%上昇させるが、同時に防御が20%減少してしまう
このデメリットだが、割合上昇系と割合下降系は両方適用されるため、特技で防御が上昇する城娘の場合相殺が可能となる


ポンコツ殿は数字に弱いため、攻略wikiやベテラン殿の解説などを参考にさせてもらいました